多焦点眼内レンズMultifocal lens

多焦点眼内レンズとはMultifocal lens

白内障手術の際、濁った水晶体の代わりに入れる眼内レンズには医療の発展によりいろいろ種類があります。
従来型の単焦点眼内レンズは、特性上1点にしか焦点が合わず、多くの場合「手元が見えない=老眼が残る」という欠点があり、近くを見る為には眼鏡が必要でした。この問題を解決し、より良い見え方を実現するために開発されたものが、「多焦点眼内レンズ」です。
「白内障手術のついでに老眼も治す」ことが可能になり、「多焦点眼内レンズ」を選択されることで、白内障手術後の生活の質が向上し、より快適で充実したものとなることが期待できます。

従来の単焦点眼内レンズはある一定の距離にピントが合う眼内レンズで、遠くにピントを合わせた場合遠くは見えますが近くはピントが合いません。
近くにピントを合わせた場合は逆になります。一方、多焦点眼内レンズは、複数の距離でピントが合うように設計されています。

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

保険適用可能な、標準の眼内レンズ

その名前の通り、単焦点眼内レンズは「近く」「遠く」のいずれかにのみピントが合うレンズです。そのため、ピントがあってない距離のものを見るには、手術後にもメガネが必要となります。

保険適用が可能

  • 1割負担片眼 / 17, 000円
  • 2割負担片眼 / 34, 000円
  • 3割負担片眼 / 51, 000円

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

複数の距離に焦点が合わせられるレンズ

焦点眼内レンズに比べて遠く以外にも手元にもピントが合うレンズです。手術後にメガネが全くいらなくなるわけではありませんが、メガネを使う頻度を減らすことが期待できます。
(いらなくなる方ももちろんおられます)

自費診療(※先進医療の適用が一部可能)

  • ● 先進医療適用レンズ片眼 / 400, 000円
  • - 乱視矯正タイプ 片眼 / 450, 000円
  • ● 非適用のレンズ片眼 / 500, 000円
  • - 乱視矯正タイプ 片眼 / 500, 000円
  • ※「高額医療費制度」の対象にはなりません。
  • ※「医療費控除」の対象となります。領収書を確定申告時にご利用ください。
※保険会社の先進医療給付金(先進医療特約)
先進医療とは、厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる高度医療技術を用いた安全で有効な医療技術のことです。医療保険の中には、先進医療にかかる費用をカバーするプランを設けている保険があります。
多焦点眼内レンズの先進医療費(自己負担)の全額が給付の対象となり、無料で先進医療を受けることができるようなことが多くあります。

  • ※白内障と診断を受ける前に先進医療特約事項を含んだ保険に加入しておく必要があります。
  • ※先進医療特約に対する給付は、ご加入の保険会社によってルールが異なることがあるためご自身で確認することをお願いいたします。
※保険会社の手術給付金について
契約されている保険によっては、手術給付金が支給される場合があります。保険会社の契約内容などにより、支給の有無や金額は異なります。
※国の医療費控除について
昨年1年間に支払った医療費は、条件によって確定申告後に税金が減額、もしくは還付金を受け取ることもできます。
※国の高額療養費について
1ヶ月の自己負担額が限度額を超えると、超えた分が後日還付されるという制度です。
限度額は、世帯収入などにより各家庭ごとに異なります。

(※多焦点眼内レンズの手術費用は、高額療養費の対象にはなりません)

  • ※手術中、合併症等により単焦点眼内レンズに変更した場合、保険診療になります。
  • ※手術後に眼内レンズ入れ替えや摘出する場合、手術費用は返金されません。
  • ※再手術・追加手術を行った場合の費用は別途となります。
  • ※手術後の合併症により、他院へのご紹介を行った場合の費用は別途となります。

多焦点眼内レンズの種類Multifocal lens

外観
Technis Symfony
Lentis
FineVision
Trinova
名称 Technis Symfony
(シンフォニー)
Lentis
(レンティス)
FineVision
(ファインビジョン)
Activa Trinova
(トリノバ)
先進医療 適用可 適用不可 適用不可 適用不可
乱視矯正 あり あり あり あり
焦点の特性 遠方~中間
(連続的)
遠方・近方 遠方・中間・近方 遠方・中間・近方
近見の焦点距離 66cm 40cm 30cm 33cm
得意な見え方 運転・PC作業 運転・読書 運転・PC作業・読書 運転・PC作業・読書
グレア・ハロー 少ない あり あり ほどんどなし
読書・携帯電話
パソコン作業
ゴルフ
夜間運転
生産国 アメリカ
(AMO)
ドイツ
(Oculentis)
ベルギー
(Physiol)
オランダ
(VSY Biotechnology)

※多焦点眼内レンズは患者さま側の期待度が高い反面、すべての方に適用があるわけではなく、またレンズにもそれぞれ特性があるため、その特性をしっかりと理解していただく必要があります。レンズの違い等については、パンフレットのお渡しや診察時にご説明を実施しています。

Add-onレンズの種類Multifocal lens

Add-onレンズの種類

Add-Onレンズとは、白内障手術を受けた方の見え方を向上するための「二枚重ね」専用眼内レンズです。
Add(加えて)On(乗せる)という名称で、いまのレンズの上に重ねて挿入するものです。
白内障手術後いつでも追加挿入が可能で、白内障術後の近視、遠視の改善並びに乱視と老眼の矯正、左右のバランスの調整が可能になります。

Add-on refractive (アドオンリフラクティブ)

Add-on refractive
(アドオンリフラクティブ)

近視・遠視の矯正を目的としています。

Add-on toric (アドオントーリック)

Add-on toric
(アドオントーリック)

乱視のある近視・ 遠視の矯正を目的としています。

Add-on progressive (アドオンプログレッシブ)

Add-on progressive
(アドオンプログレッシブ)

近視、遠視の矯正に加え、近方視力の改善を目的としています。

自費診療(※前金として半額を事前にお支払い)

  • 手術費用片眼 / 500, 000円

レーシックなどの視力矯正手術と違い、Add-onレンズの挿入による角膜組織の切除はありません。
角膜組織と3mm前後の小切開部分(傷はすぐ元に戻ります)は距離が離れています。そのため、レンズを取り除いて元の状態に戻すことも可能です。

日帰り白内障手術についてもっと知る