クリニックからのお知らせNEWS

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術をご希望の方へ

令和元年12月13日の厚生労働省の中医協総会において、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が先進医療の項目から除外され選定療養となることが決定しました。 これにより今後2020年4月以降に多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受ける患者さんは生命保険会社の先進医療特約を使用して手術を受けることができなくなりました。 今後は多焦点眼内レンズをご希望の際には、手術費用は保険でまかない、眼内レンズのみ追加費用として自費で支払う選定療養による治療とと海外からのオーダー眼内レンズを完全自費で支払っていただく(手術費用と眼内レンズ費用込み)自費治療を選択していただく形となります。 当院での白内障手術は現在約1か月待ちです。