目の病気について

目の病気について

ウィルス性結膜炎

一般には はやり目とよばれるものです。伝染力の強い流行性角結膜炎が有名ですが、その他に 急性出血性結膜炎(アポロ病)や咽頭結膜熱(プール熱)が人にうつる結膜炎として注意が必要です。

結膜の充血は非常に強くまぶたもはれていきます。涙が多く、かゆみや痛みも伴います。結膜炎のあとに 角膜に小さい濁りがたくさん出て、視力が低下することもあります。耳前リンパ腺がはれて圧痛があることがあります。

流れ落ちる涙の中に病原体であるウィルスが含まれていて、接触感染により家族や友人に次々感染する可能性がありますので、手を目に持っていかないように注意し、こまめな手洗いを心がける必要があります。

はやり目のウィルスに対する特効薬はまだありませんが、ウィルスで弱った目に細菌がつくと重傷な角膜潰瘍をおこす危険があるので、抗生物質や消炎剤の点眼を行います。自身の免疫力により、約2週間前後で治癒に向かいます。