目の病気について

目の病気について

糖尿病と目

糖尿病で視力が低下する人がありますが、3つの大きな原因があります。目はカメラに例えられます。カメラの最も大事な機能はレンズとフィルムです。人の目にあてはめると、レンズは水晶体、フィルムは眼底の網膜に相当します。

糖尿病がひどくなるとレンズが濁ってきて外界からの光が眼底に通りにくくなります。これを糖尿病性白内障といいます。

またフィルムすなわち網膜に出血や白い斑点が現れて、さらに進行すると硝子体出血を起こして大変見にくくなります。 これを糖尿病網膜症といいます。

それともう1つ、血管新生緑内障が起こって眼圧(目の中の圧力)が高くなり、視神経が圧迫されて視力が低下し、視野が狭くなります。これを血管新生緑内障といいます。

特に網膜症や緑内障は、病状がかなり進行するまでは自覚症状があまりないのが問題点といえます。 糖尿病の人は失明を防ぐため、必ず定期的な眼科検査を受けるようにしましょう。

>>つぎは「ウィルス性結膜炎