目の病気について

目の病気について

眼精疲労

目の疲れの一般的な症状は目がショボショボする、目がしみる、目が乾くような感じがする、目の奥が痛む、焦点がぼやけるなどがあります。 目の疲れを全身的な病気の一部分症状と考えるならば、頭重感、肩こり、首が回りにくい、根気がなくなった、などの精神的な症状も「目の疲れ」の症状といえます。

眼精疲労の原因を目だけに限ってみると、次のようなものがあります。

遠視があるのにメガネをかけていない人、近視でメガネをかけているが度数の強すぎる人、40歳を過ぎた年齢で老眼鏡を用いているが度数が弱すぎる人、 要するに正しいメガネを使用していないために、目に負担がかかって疲れ目となります。 外斜位があって、両目で1つの物体を見つめる時に知らず知らずにいつも努力をしている人、 調節力が衰弱している人、緑内障や中心性網脈絡膜症などの眼病のある人、このような方には眼精疲労が生じやすいのです。

眼精疲労の症状があれば、こちらの原因となるものを1つ1つチェックしてそれを取り除くための正しい治療法を考えます。

>>つぎは「緑内障