目の病気について

目の病気について

赤ちゃんの目の病気

赤ちゃんは話すことができませんから、お母さんの普段からの観察だけが頼りです。
次のような症状に気が付いたら、眼科医に診てもらいましょう。
そして早く治療を開始しましょう。

  • 目やにがたくさん出る。白目が赤い→結膜炎の疑い
  • いつも涙が目にたまってうるんでいる→さかまつ毛か先天性鼻涙管閉塞の疑い
  • いつもまぶしそうにしている→さかまつ毛か眼瞼内反症の疑い
  • 目が寄っている 目つきがおかしい→強い遠視や斜視の疑い
  • ひとみが白く濁ってみえる→先天性白内障の疑い
  • ひとみが黄色く光ってみえる→網膜芽細胞腫(網膜のガン)の疑い
  • 動く物を目で追わない。まばたきしない →高度な視力障害(例えば弱視や未熟児網膜症など)の疑い
  • 目を細めたり、近づいて物を見る→強い近視の疑い
  • 頭を傾けたり、横目で見たりする→先天性斜視の疑い

また上記のような症状がなくても、3歳児健診で視力検査を受けましょう。
強い近視や遠視が見つかることがあります。
あらかじめ診察を受けておくと安心です。

>>つぎは「白内障と手術