目の病気について

目の病気について

加齢黄班変性

この病気は高齢化社会で増加の傾向にあるやっかいな眼病です。 眼底の網膜はカメラのフィルムに例えられ外界の像が写るところですが、特にその中心部分は黄斑部といって物の形を見分けたり、色が分かる視細胞が集中している重要な部分です。

この黄斑部に異常な新生血管が侵入してきてむくみ(浮腫)や出血をおこし、さらに増殖組織を作って、中心部の視力が悪くなり、 物体がゆがんで見えるようになります。 蛍光眼底造影写真を撮影してみて、深部の新生血管が見つかれば、網膜光凝固や光線力学療法、硝子体手術などで治療を行います。

薬による治療は、現在のところ補助的な意味しかありません。 手術で悪い部分や血のかたまりを取り除く方法は、一部の症例に行われているだけです。 できるだけ初期の内に病気を発見して治療を始めることが大切です。