目の病気について

目の病気について

網膜剥離について

裂孔原性網膜剥離の原因は、目の内張りである網膜に裂孔(れっこう)と呼ばれる裂け目が生じてその裂孔から網膜の下に水が回り、網膜がその下のぶどう膜から はがれて浮き上がってくることによります。初めの症状としては視野の中に糸くずや虫のようなものが浮かんで見え(飛蚊症)、やがて視野が狭くなってきて、見にくくなってきます。放置しておくとひどくなって失明しますので、是非共、手術が必要です。

剥離した網膜を元に戻すためには、次のような手順で手術を進めます。

(1)裂孔のまわりの網膜を冷凍凝固または高周波電流(ジアテルミー)により炎症を起させて、網膜の下部組織である色素上皮層と癒着(ゆちゃく)させる。

(2)網膜下液が多量の時は、眼球の外に排液させる。

(3)強膜のうえからシリコン製の棒やベルトを縫いつけて、網膜裂孔とその下のぶどう膜との接触と癒着を促進させる。

近年は技術の進歩に伴い眼内から治療する硝子体手術の適応が広がっています。 一方、硝子体出血や糖尿病性網膜症に引き続いて発病した続発生網膜剥離は、眼球内に生じたひも状の増殖物が網膜を引っ張って生じたものですから、硝子体手術でこの増殖組織を切り取って治します。

>>つぎは「高血圧と目