目の病気について

目の病気について

目のアレルギーと花粉症

目のアレルギーと花粉症

人間の「からだ」に最近やウィルスなどの病気を起こす微生物が進入した時に、この外的から「からだ」を守るしくみが「免疫」と呼ばれるものですが、この「免疫」のしくみがあるために、かえって人間にとって不都合なことが起こり、害を与えることになる場合は「アレルギー」と呼ばれます。

アレルギーを起こす原因となりやすいものにはダニや花粉が重要で、早春のスギ、春から秋にかけてのイネ科植物(雑草)、秋のキク科植物の花粉がよく花粉症を起こします。

ほかにカビや動物(ネコ、犬)の毛やフケなどもアレルギーを起こすことがあります。
治療としては目薬やのみぐすり、軟膏などがあってよく効きますが、長期にわたって用いると副作用のでることもあり、医師の指示に従って用いる必要があります。

>>つぎは「網膜剥離について