日帰り白内障手術

手術を受ける方に

正常な眼 白内障の眼

白内障は加齢とともに進行します。症状が進行してくると目のかすみ、まぶしさ、夜間の視力低下が顕著となり、やがて日中の視力も低下してきます。

点眼薬を使いながら経過をみていく場合もありますが、白内障自体は点眼薬で治るものではなく、視力障害がある程度進行しているようであれば手術による治療が必要となります。

手術の時期は人によって違います。ご自身の見え方、医院での視力検査の結果、そして医師から見た白内障の程度、他の眼疾患、全身疾患の有無のみならず、その方の生活環境をも含め総合的に評価し手術が必要かどうかを判断します。

手術と言われると誰しも不安となるものですが、最近では技術が大変進歩し、ほとんど痛みなしで手術を行うことが可能となっています。

現在お悩みの症状についてまずは医師に詳しくお聞かせください。

白内障手術説明の動画

日帰り白内障手術について

白内障手術について

10分間の手術で白内障が治ります

以前は片目1週間ほどの入院が必要でしたが、全身的に状態が安定した方であれば日帰りでの手術が可能です。
黒目のわずか3mm弱の傷口で行うため、術中術後の痛みもほとんどありません。

白内障手術のながれ

手術室・機器へのこだわり

白内障手術について

気圧装置設置だから清潔な手術室

空気中の塵埃を除去するため、超高性能HEPAフィルターを通した空気を送り込み、ISOクラス7のクリーンルームとしています。

外部からの塵埃の流入を防止するため、室内気圧を外気圧より上げ陽圧とし、天井と壁、壁と壁の直角部を減らし空気の滞留を防ぎ、気流が部屋全体で一定の方向に流れていく一方向流方式を採用しています。

塵埃は気流に沿って押し出されるように排気され、常に術野にレベルの高い清浄度が得られます。

また手術後の感染対策として、可能な限り使い捨て(ディスポーザブル)器具の採用を行い、手術器具の滅菌はもちろんのこと、術前の抗菌剤の点眼、術後抗生剤の点眼、内服、術後診察の徹底など、感染症のリスクを下げるべく体制を整えています。

院内施設
ページトップに戻る

お問い合わせ

予約システム 予約はこちら QRコード 予約システムの操作について

初診について

福地眼科を初めて受診される方はこちらをご覧下さい。
*初診の予約は受付しておりません。

福地眼科初診受付

目の病気について

目について理解を深めていただくための幾つかの病気の豆知識を掲載しています。

眼病について