清和台コンタクト

清和台コンタクト

コンタクトレンズのトラブルが増加しています。眼科専門医としてコンタクトの取り扱いについてご説明しております。

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズ人口の増加に伴い、コンタクトレンズによる眼障害が急増しています。従来のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズに加え、使い捨てソフトコンタクトレンズ、カラーソフトコンタクトレンズ、老眼用コンタクトレンズが登場し、以前は適応があまりなかった若年層や中高年の装用者が増えてきているためです。

コンタクトレンズは透析機器や人工呼吸器と同様に、高度管理医療機器です。副作用や機能障害を生じた際には人体へのリスクが大きいものと位置づけられています。しかしながら今日、値段が安い眼鏡店、コンタクトレンズ量販店で購入をする人、インターネットや薬局で医師の処方箋なしに購入される方もいます。

検査

眼鏡店、コンタクトレンズ量販店では必ずしも眼科専門医が処方をしているわけではありません。日本の法律では、医師であれば誰でもコンタクトレンズを処方できます。眼科以外の医師を雇って、コンタクトレンズを処方、販売するところもあります。ひどいところでは一度もコンタクトレンズの状態を確認しないまま1年間いつでも継続して購入できるところなどもあります。

重症な患者さんのほとんどは定期検査を受けていません。コンタクトレンズの眼障害には、まったく自覚できない障害もありますが、そのことを全く知りません。コンタクトレンズの処方を受けたときに何も説明を受けていないため、コンタクトレンズの怖さがわからないのです。

コンタクトレンズは目に合ったものを選ばなければトラブルを招きます。目に合ったものを選んでも、装用に無理があったり、レンズケアに誤りがあったりと使い方に誤りがあればトラブルを招きます。

診察

コンタクトレンズには実に多くの種類があり、目の状態、装用状況に合わせて、希望を考慮したうえで、安全なコンタクトレンズを選択し、処方することが重要です。選択したコンタクトレンズを最良の状態で処方し、定期検査で何か問題があれば装用を中止して治療を行うこともあります。異常を感じたらすぐにコンタクトレンズの装用を中止し、翌日症状があれば眼科を受診する。無理な装用をしたり、レンズケアを怠ったりすれば大きなトラブルを招くということを理解してもらえばコンタクトレンズトラブルは予防できるものです。

>> 清和台コンタクト アクセス
>> 清和台コンタクト 取り扱いコンタクト商品

ページトップに戻る
清和台コンタクト
取り扱いについて
取り扱いコンタクト商品

お問い合わせ

予約システム 予約はこちら QRコード 予約システムの操作について

初診について

福地眼科を初めて受診される方はこちらをご覧下さい。
*初診の予約は受付しておりません。

福地眼科初診受付

目の病気について

目について理解を深めていただくための幾つかの病気の豆知識を掲載しています。

眼病について